非常に重要な職業

レディ

診療放射線技師は、高校卒業後に最低3年間専門学校や短大、大学などで学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。近年は乳がん検診の増加で女性の診療放射線技師への求人が増えるなど、医療専門職の中でも特に魅力ある資格であると言えます。

もっと読む

これからさらに重要に

ウーマン

医療資格は、大学や専門学校などの指定されたカリキュラムを修了することで、国家試験の受験が可能です。。病院だけではなく介護施設などでの需要も多く、これからの時代に最も合う資格として、ぜひおすすめします。

もっと読む

人を支える専門職

介護

三つのステップがあります

介護の資格を得るためには、実務経験ルートでは大きく三つのステップがあります。これから介護の仕事を始めたいと思っている人や、実務に就いて間もない人を主な対象とした「初任者研修」、既に実務に就いている人を主な対象とした「実務者研修」、そして国家資格である「介護福祉士」があります。初任者研修は、従来は「訪問介護員(ホームヘルパー)」の養成研修と呼ばれていたものが、法制度の改正により変更されたものです。よって、既にホームヘルパー2級以上を持っている人は初任者研修を修了したものとみなされます。実務者研修は、初任者研修や従来の「基礎研修」の修了者には一定の時間免除があります。法制度の改正により、実務経験ルートで介護福祉士の国家試験を受験するためには、実務経験3年に加えて実務者研修を修了している必要があります。なお、学校で受験資格を得るルートもあり、専門学校や大学のほか、「福祉科」などを持つ高校などがあります。

より高度な専門職へ

介護福祉士をはじめとする介護関係の資格は、高齢社会で支援を必要としている高齢者が増えていることから需要が非常に高いです。一方で、求人では有資格者を対象とすることが多く、少なくとも初任者研修を修了していることがあるため、初任者研修の受講を希望する人が非常に多いです。また、介護関係と関連が深い資格を併せて取得する人も多いです。一例として福祉住環境コーディネーターなどが挙げられます。大学であれば社会福祉士など福祉系国家資格を併せて取得することを支援していることも多いです。更に、介護福祉士は高齢者分野だけでなく、障害者分野や医療機関などでも活躍することができます。実務経験を5年積むことで、介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格を得ることができ、より高度な専門職への可能性も広がることから人気を集めています。

世界レベルの教育

カウンセリング

心理カウンセラーになるために資格取得を目指すのであれば、世界標準の知識が学べ、きちんとした研修を行っているカウンセリング講座を選ぶのがよいでしょう。カウンセリング講座では、国際的にも有名なプロに教えてもらえるだけでなく、それぞれの目的や希望に合わせてカリキュラムを組むことができます。

もっと読む