これからさらに重要に|介護の資格を取得して高齢者の心の支えになろう

これからさらに重要に

ウーマン

大学も専門学校も

医療に関する資格は、大学の医療系の学部や、医療系の専門学校で学ぶことで受験資格を得ることができます。医療に関するものは国家資格がほとんどですが、国家試験の受験資格として、これらの学校で必要なカリキュラムを修了していることが定められているためです。医療は、わたしたちの生活に無くてはならないものであり、これからさらに進展していく高齢化社会では需要が減ることはありません。人口減少により少しずつ要医療者は減少しますが、緩やかな減少であると考えられます。また、病院だけではなく、介護施設やショートステイなどの、直接的に治療を要しない施設でも必要となる職種が多く、そういった施設での需要もあるため、就職にも有利です。

取得の方法は

代表的なものとして、看護師や臨床検査技師、診療放射線技師などがあります。また、リハビリを行なってくれる理学療法士や、作業療法士などもあります。これらは、指定された養成施設で勉強するのですが、いずれも座学だけではなく、病院での実習も長い時間を掛けて行います。そういった面で、就職してからの仕事を学生のうちに体験できるため、就職後のギャップが少ない職業だと言えます。就職後のギャップは、離職率に大きく影響するため、医療資格を取得される方は離職率が低いことが多いです。また、医療資格は転職も容易ですし、賃金も全産業平均よりも高めに設定されています。これからの時代に最も合うのが医療資格であるといっても過言ではなく、ぜひおすすめしたい資格です。